香りでお祓い!ハーブで浄化&除霊 – ハーブお祓い

香りでお祓い!ハーブおこなう浄化&除霊

少し体調が悪い、頭が重たい、なにか気配を感じる…

こんな時、すぐにセルフお祓いができれば良いのですが、人前で塩を出してパラパラと撒きだしたりするのはちょっと…、と思いますよね。

ましてや鈴をガンガン鳴らしたり、般若心経を読み出したりしたら変な人だと思われるかも知れません。

いや、確実にヘンな人です!

 

そこでちょっと上品に香りをつかってお祓いする方法をご紹介しましょう。

実は香りを嗅ぐだけで浄化や除霊できる物があるのです。

それでは香りを使った浄化や除霊できる方法をどうぞ。

 

 

ハーブで浄化、除霊をおこなう

ハーブはどちらかと言えば西洋的な印象がありますが、日本にもハーブはあるんですよ。

またハーブといえば食用…というイメージがありますよね。

ティータイムにハーブティーとかちょっとセレブな感じもします。

 

しかし、霊的な浄化に使えるハーブもあります。

浄化のハーブ代表といえば「セージ」、特に「ホワイトセージ」が有名です。

このお祓い堂のブログでもホワイトセージの紹介をしたことがあります。

しかし!

ホワイトセージは燻してその『煙』で浄化します。

ですが植物そのものや、その植物の持つ独自の香で浄化する事のできるハーブがあるのです。

 

 

祓いに効能を持つハーブ

魔除けや邪気祓いなどの「祓い」に強い力を持つハーブを紹介します。

 

ローズマリー

定番中の定番ローズマリー。浄化や邪気払い、悪魔祓いに使われていた有名なハーブです。

玄関などの香りでローズマリーを使ってみるのはいかがでしょうか。

ラベンダー

ラベンダーといえば鎮静効果という感じがしますが、実は魔除けにも力を発揮ます。

イメージ的に寝室で使用する感じでしょうね。

オレガノ

こちらも悪魔祓いに使用されていたハーブのひとつです。

アロマオイルとしては、あまり馴染みの薄いハーブかもしれません。

その他の霊的防御系ハーブ

少し変わったところでエナジーバンパイアから身を守る「パチョリ(パチュリ)」。

 

呪いを避ける「ガランガル」。

※ガランガルのアロマオイルが見つかりませんでした。

 

お守りになる「ネトリ(ネロリ)」。

 

この他にも魔除けのハーブや浄化のハーブはたくさんあります。

霊的作用に力を持つハーブだけじゃなく、もっとハーブについて知りたい方はこちらをご覧になってはいかがでしょうか。

 

 

フランキンセンスは霊を寄せ付けない

数ある中でも特に「霊的」なものを寄せ付けない、または排除する強力なハーブがあります。

日ごろ、霊的な悩みをお持ちの方には是非とも近くに置いて欲しいハーブ、それが【フランキンセンス】です。

 

フランキンセンスの効能

フランキンセンスは別名「乳香」と呼ばれ、古くから珍重されてきました。

キリストが生まれた時に黄金と没薬とこの「乳香」が贈り物として献上されたほどです。

 

このフランキンセンスは数あるハーブの中でも特に浄化や除霊などに力があると言われており、霊的な作用をかき消すと言われています。

もし霊的な事で困っており、ハーブで解決したいのであればフランキンセンスがナンバー1です。

 

実は私もフランキンセンスのアロマオイルを持っており、またにお皿に出してフランキンセンスの香りを部屋に放ちます。

その後しばらくして窓を開けて部屋中の空気を入れ替えます。

フランキンセンの香りには独特の安心感があります。

 

余談ですが、私はフランキンセンスの乳香を使用しています。

乳香を焚くと柑橘系の香りが少し強く感じます。

フランキンセンスはアロマオイルだけでなく、乳香もオススメです。

 

 

香りを使って霊的防御!ハーブおこなう浄化&除霊 まとめ

ハーブにはそれこそ様々な使い道があります。

食用、観賞用、薬用、そして霊的防御用。

ハーブは奥が深いので、自分に合ったハーブを探して使ってみる事をオススメします。

 

最近は自分でハーブのエキスを抽出する方法もネットなどを調べればたくさん出てきます。

いろいろなハーブを混ぜてみてたりして、自分だけのハーブを調合するのも楽しいのではないでしょうか。

是非トライしてみてください。

私?私は結構面倒くさがりなので100%のアロマオイルを購入していますが…

 

最後になりますが、霊的な効能を持つハーブなら外出先で使ってもそれほど変人扱いされないと思います。

よく霊的な現象に悩まされる方はハーブという方法を取り入れてみるのも良いかも知れませんね。

 

 

コメント