神様が大歓迎!?お参りでの吉兆サインを見逃すな!

神様が大歓迎!?お参りでの吉兆サインを見逃すな!開運・お守り

神社やお寺にお参りに行ったとき、いつもと違う『何か』を感じた事があるかも知れません。

それって神仏からの歓迎(吉兆)のサインなのかも!

中には分かりにくいものもありますが、歓迎されているサインを見逃さずに幸運を確実にゲットしてください。

あなたの行く先に幸せがあらん事を!

それでは参拝の際にどんな事が起きれば歓迎のサインなのかをご紹介しましょう。

 

 

スポンサーリンク

神様からの歓迎サインとは?

歓迎(吉兆)サインとは神社や寺院を参拝した際に、神仏から歓迎されることを示す『出来事』の事です。

神仏からの歓迎サインですからあなたの願い事もすんなり叶うかも知れませんし、これからの幸せが約束されたのかも知れません。

そんな歓迎サインですが、結構見落としがち…

神仏の歓迎サインをしっかりと受け取れるようにしっかりと覚えておきましょう。

ちなみに「吉兆サイン」という言葉はお祓い堂が勝手に付けた名前です。

他に、神様Welcomeサインもお祓い堂の造語です。

他では通用しませんのでご了承ください。

 

 

動物たちと出会う

主に神社内いで動物と出会うと吉兆のサインです。

神様の使いの者か神様そのものかも知れません。

また出会う動物の種類によっても吉兆の内容が違うようです。

特に馬は神様の乗り物とされていますが、今時は境内で馬と出会ったら多分走って逃げてしまうと思います。

 

多いのは鳥かも知れません。

深い山などにあるような寺社でしたら狐やタヌキに出会う事もあるでしょう。

稲荷神社で狐に出くわしたら超吉兆サインではないでしょうか。

 

 

ご祈祷に出会う

参拝の最中にご祈祷などに出会う事がありますが、これは吉兆のサインです。

また舞や七五三、お宮参り、結婚式などに出会うのも吉兆サインです。

 

以前ある神社で、巫女さんが神楽舞の練習しているところに出くわしました。

これも吉兆サインなんでしょうかね?

 

こういった神事やご祈祷に出くわした時は、素直に喜んで参拝してください。

ラッキーですね。

 

 

天気が変わる

これはもの凄く種類が多いのですべてを紹介するのは無理ですが、参拝中や参拝後に天候が変わると吉兆のサインとされています。

たとえば、神社の境内に入った途端に雨が降って来るのは「禊の雨」と呼ばれていてかなり重要な吉兆のサインです。

神様からの本気のウェルカムモードだと思って大丈夫だと思います。

 

他にも雷が鳴る、参拝中に虹が掛かる、雲間から太陽が見え出すなども良い兆候とされています。

ちなみに私が日向大神宮に参拝に行ったときは、晴れているにも関わらず雷が鳴っていました。

こちらの記事にサラッと当時の事が書いてありますので興味があれば読んでみてください。

日向大神宮は厳かでありながらも稀にみるパワースポットだった
京都にある日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)へ行ってきました。 日向と書いて「ひむかい」と読むんですね。 てっきり「ひゅうが」かと思ってました… 日向大神宮は見どころバッチリのナイスな神社でしたので、今回は日向大神宮の紹介...

 

一般的に雨が降ると『良くないのでは…』と思ってしまうのですが、そんな事はありません。

雨は吉兆のサインだと覚えておきましょう。

 

風に関する吉兆サイン

風についての吉兆サインもたくさんあります。

その中でも特に有名なものをご紹介しましょう。

 

自分に吹く風

まずは境内から拝殿に向かって歩いている時に後ろから吹く風は吉兆のサインです。

次に参拝時、拝殿の奥から自分に向かって吹く風も吉兆のサインだと言われています。

参拝中の頬を撫でるような心地よい風はかなりの吉兆サインだと言えますね。

 

拝殿から境内に向かって強く吹く風は吉兆のサインではないようです。

所謂、向かい風ですね。

参拝前の強い向かい風はちょっと注意です。

 

自分に向かって舞い散る花や葉

風が吹くのは吉兆サインなのですが、その中でも花や葉っぱが自分に向かって吹いてくるのは特に大きな吉兆サインです。

桜の季節などは花吹雪が起きる事もあります。

葉っぱが上から落ちてくるのも吉兆のサインだと言えます。

神様からの歓迎ムードを感じてください。

 

これも私の体験談ですが、境内に桜の花びらが落ちていてそこそこ汚れているような状態でした。

桜が散る季節だったので仕方のないことですが、その時に風が起こり境内の石畳の上の花びらがすべて吹き飛ばされてキレイになったのです。

ちょっとしたつむじ風のような強さの風です。

正直言ってびっくりしました。

 

御幌(みとばり)がめくれる

拝殿なのどに掛かっている布の事です。

この御幌がめくれるのは吉兆サイン。

神様が御幌をめくって出てきてくれたという意味になります。

伊勢神宮の御幌に関する吉兆サインは有名です。

他にも伊勢神宮には独自の吉兆サインがあります。

他の寺社にも独自の吉兆サインがあるのかも知れません。

 

紙垂(しで)が揺れる

今までとは逆に、風も無いのに紙垂が揺れるのは吉兆サインです。

紙垂とはしめ縄などに巻き付けてある紙の事です。

 

紙垂は見落としがちになりますが、参拝中はしっかりと紙垂にも意識を集中させておきましょう。

風も無いのに揺れる紙垂…、気がつきにくい。(涙)

 

 

人払い

人の多い神社などで、いざ参拝をしようとすると自分の前の人がサッといなくなる…

これは『人払い』といって、神様があなたの為に場所を空けてくれたという吉兆サインです。

「よく来たね」という意味が込められているのかも知れません。

しっかりと参拝しましょう。

 

 

石についての吉兆サイン

次は石についての吉兆サインをご紹介します。

 

天狗つぶて

びっくりするかも知れませんが、神社内で小石が飛んで来るのも吉兆のサインです。

「小石?危ないじゃん!」って思うかもしれませんが、これは『天狗のつぶて』と呼ばれていて天狗が歓迎してくれているようです。

ただ『天狗つぶて』には諸説あり、吉兆のサインでは無いと言われる人もいます。

鞍馬寺とかに行けば天狗つぶてに出会えそうな感じがしますね。

 

鳥居の石

神様からの吉兆サインではありませんが、面白いのでここで紹介します。

鳥居の上に石が乗っているのを見たことはありませんか?

実は鳥居の上に石を乗せられると願い事が叶うと言われています。

しかし、自分の石を乗せた際に他の石を落としてしまうと良くない事が起こるとか…

面白い言い伝えですが、人の多い神社では危険ですので止めておきましょう。

 

これも私の体験談ですが、お賽銭を丑の置物の頭に投げて乗せる事ができれば願い事が叶うというものがありました。

狙いを定めて「せいっ!」てお賽銭を投げると見事に丑の置物の頭に乗ったではありませんか!

しかしその横に乗っていた1円玉が落ちて水の中へ…

これってやっぱりダメだったんでしょうね。(笑)

 

 

お参りでの吉兆サインを見逃すな まとめ

神様からの歓迎の合図を知る事で今までとは少し違う気分で参拝できるようになるかも知れません。

次の参拝時には、あなたも是非吉兆サインを探してみてください。

但し吉兆サインを探すことに必死なって参拝を忘れないように。

 

吉兆サインとは別に、参拝中止のサインも存在します。

気になる方は、こちらをどうぞ。

神社からの拒絶サイン!? - 歓迎されていない兆候を知る
以前に神様から歓迎のサインというのをご紹介しました。 参拝時にこういったサインがあれば神様に歓迎されているという事です。 しかし、その逆で神社から歓迎されていないサインというのもあります。 神様に拒絶されて...

 

 

\個別相談もしています/
友だち登録をお願いします!
友だち追加
開運・お守り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お祓い堂をフォローする
お祓い堂

コメント