見間違い⁉ 一瞬だけ見える人、二度見したら消える人

見間違い⁉ 一瞬だけ見える人、二度見したら消える人

一瞬だけ『人』が見える事ってありませんか?

そんな場所に誰かがいるはずないので、もう一度見るとやっぱりいない…

「あれ?見間違いかな」って事。

 

黒い影とは違い、肌の色や髪の毛の色もちゃんとあって、服まで着ている。

そんな一瞬だけ人が見えたような見間違いのような事です。

 

黒い影の話はこちらをどうぞ。

黒い人影が見えるとき…、どうして見える黒い影?その意味とは!?
見たことがある人は大勢いると思います。 視界の隅っこに動く黒い影… 振り向いたらサッと横切る黒い影…、他にもまだまだありますよね。 見間違いかな?とも思いますが、なんだか気になります。 誰もいない部屋だと『ドキッ』と...

 

今回は、この見間違いで見えたように思う『人』のお話です。

 

 

どんな時に一瞬だけ人が見えるのか?

歩いていると看板の後ろに人がいるように見えて、「アレ?あんなところに人が???」と思って二度見するといなかった。

車で走っていると視界の端の方で人のようなシルエットが見えたので、その部分に視線を合わせて再度見ると誰もいない。

表情までは分からなかったけど、男女の区別は出来ていたし、着ていた洋服の模様や色もハッキリ見えたはずなんだけどなぁ。

こういった経験ありませんか?

なんだ見間違いかぁ…という事で普通はスルーしちゃうんですが、ちょっと待ってください。

もしかすると、もしかするんですよ。

 

 

黒い影との違い

以前に紹介した黒い影とは少し違います。

黒い人影が見えるとき…、どうして見える黒い影?その意味とは!?
見たことがある人は大勢いると思います。 視界の隅っこに動く黒い影… 振り向いたらサッと横切る黒い影…、他にもまだまだありますよね。 見間違いかな?とも思いますが、なんだか気になります。 誰もいない部屋だと『ドキッ』と...

黒い影の場合はただ真っ黒い人の形で、視界の端をパッと動いたりします。

二度見すると見えないというところは同じですが、動いているというところが違います。

 

一瞬だけ見える人は、ほとんど動きません。

まぁ、動いているのかも知れませんが、一瞬だけしか見えないので動きはほとんど分かりません。

 

違いをまとめると、男女の区別ができる、色がある、動かない、ボーっとしている時によく見る。

このような感じですね。

 

 

何故、こんな人が見えるのか?

二度見するといない人とは、当然こちら側の世界の人間ではありません。

見ようと思っても見えないし、しっかり見ようとすると消えてしまいます。

どちらからというと、あまり何も考えていない時やボーっとしている時に見る事が多いように思います。

これは俗に言う波長が合ったという状態で見えたもので、必ずしも見間違いでは無いという事です。

 

1度見て違和感を感じて、もう一度見る。

この1度目はボーっとしている状態や何も考えていな状態だと思います。

2度目は「人かな?」と思って意識をハッキリさせて見ます。

意識をハッキリさせてしまう事で自分がいる元の世界にあなたの意識が戻って来て、繋がっていた波長が切れてしまいます。

この為、2度目は見えなくなってしまうのです。

 

 

本当にいた?それとも見間違い?

もちろん見間違いもありますが、それでも高確率でそこに誰かがいたと思われます。

人間とは不思議なもので、人の形をしたものや人の気配は一瞬であってもかなり正解に判断できます。

ただ、そもそもこういった現象に出合う場面は少なく、通常は見間違いとして済ましてしまうのであまり記憶に残りません。

黒い影と違い怖さが無いからでしょう。

 

特に霊感の強い人、直観力の強い人がこのような現象に出合ったら、まず見えたと思って間違い無いと思います。

 

 

見たらどうなるのか?

結論から言うと、見たからと言って何も変わりません。

悪いモノでも良いモノでもありません。

本当に一瞬だけ見えたという状態なので、心霊写真のように手元に残る事もありませんから何の心配もありません。

見える頻度が高くなると霊感が強くなっているくらいのものです。

 

但し、同じ姿の人が何度も見えるようであれば、それはここで紹介しているモノとは違うかも知れませんので注意してください。

 

 

一瞬だけ見える人の正体とは?

私たちが住んでいる世界とは別の世界の住人なので、別次元の人とでもいうのでしょうか。

ある人は幽霊とも言いますし、単に霊体という人もいます。

もしかすると神様かも知れません。

ですが、見た事ある人にはわかると思いますが、神様のように神々しくは無いんですよね。

物凄く一般人っていう感じです。

 

実際に正体を調べる事はできませんので、幽霊の一部と考えて、幽体や霊体としておきましょう。

違う世界線で暮らしている人たちなのかも…

 

 

見間違い⁉ 一瞬だけ見える人、二度見したら消える人 まとめ

普段の私たちは意識をはっきりさせて、事あるごとに集中して生活を送っています。

しかし1日中ずーっと集中し続けるのは無理なので、所々で息を抜くときがあります。

それが、何も考えていない時やボーっとしている時です。

何も考えいない時は意識が広がっていて、様々な波動や霊波をキャッチしています。

その時、自分と波長が合ってしまうと見えないはずの人が見えるのです。

またオーラなどは、意識を集中させずにボーっとしている時に良く見えると言います。

 

こういった日常の『はざま』は色々なモノと遭遇することがあります。

「逢魔が時」というも、その一つ。

夕方は疲れもピークに差し掛かります。

周りも薄暗くなってきますから、一瞬フッと気が抜けた瞬間に何か見てしまう事があるのです。

暗くなっていますから「見間違いかな?」と思ってスルーしてしまう事がほとんどでしょうが、実はそれが…という訳ですね。

 

見たからと言って何もありませんが、そういう事もあるんだなぁと別次元の世界に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

 

コメント