お線香のにおいがする時パート2 – 線香の匂いは警告かも

お線香のにおいがする時パート2 - 線香の匂いは警告かも

以前に書いた記事があります。

突然の線香の匂い! - 急に線香が匂いだしたら考える事
お寺などに行ってお参りすると、最初は凄く線香の匂いが強く感じられむせ返ってしまう事もあります。 しかし帰る頃になるとその線香の匂いにも慣れてしまって、線香の匂いなんて気付かなくなりませんか? 最初はあんなに強い香りでむせ返ってい...

この記事の続きです。

 

前回の記事では…

線香の匂いがしてくれば、ご先祖様や神様のお使いの方が近くにいるという説明をしました。

忘れている事を思い出して欲しい…という事なのかも知れません。

これはこれで正解なのですが、ちょっと違うパターンがあります。

今回はその違うパターンについての説明です。

 

 

警告で発せられる線香の匂い

線香の匂いを嗅いだ時、ポイントになるのは場所です。

例えば、もし自分が居てはいけない場所だとしたら…

 

そんな事は無いと思いますが、あなたが面白半分で心霊スポットなんかに出掛けたとしましょう。(絶対に行っちゃダメ!)

そこで不意に線香の匂いがしてきたとします。

こういった状況では、明らかに【警告】ですね。

 

ご先祖様や守護霊様が「ここにいちゃダメ!」って注意を発してくれています。

すぐに危険なエリアから離脱しましょう。

 

実際に心霊スポットなどで線香の匂いがしてきたら、「キャー、キャー」言いながら走って逃げますよね。

ご先祖様の思惑通りです。グッジョブ!

 

 

危険を知らせる合図だった

消費者金融で働いていた人が線香の匂いがして、その後に入ってきた暴漢に刺されずに済んだと言うのを聞いた事があります。

このように危険を知らせる合図という事もありますが、これは気づくのが非常に難しい。

ただ、人の多いパブリックスペースで自分だけが感じる線香の匂いであれば危険への合図や警告と考えて良さそうです。

もし空港で飛行機を待っている時に線香の匂いが…、めちゃくちゃ怖くなると思います。

またいつもと違う事をする時、いつもと違う事をしている時に線香の匂いがしたらそれも同じと思って良さそうですね。

 

 

線香以外の知っている匂い

ずっと線香の匂いだけを取り上げてきましたが、線香だけでなく自分が知っている特別な匂いもあります。

たとえば何も無いところで…

故人が生前好きだった花のにおいがする

好きだった食べ物のにおいがする

いつも付けていた香水のにおいがする

これらも何かを知らせようとしています。

 

余談ですが、私の祖母は百合の花が好きでした。

私が知っている限り、いつも百合の花を飾っていました。

祖母が無くなって30年以上経ちますが、お盆には百合の花が無くても百合の花の匂いがします。

家族全員が不思議な気持ちになるのは言うまでもありません。

 

 

線香の匂いは警告かも まとめ

線香だけでなく、匂いで何かを知らせようとしている事はよくあります。

視覚的に知らせようとしてくるよりは良心的と言えますね。

また線香の匂いは日本人にとってお墓や神社、お寺を連想させやすい為に使ってくる事が多いのかも知れません。

 

さて、これからは線香の匂いがした時の状況や状態、場所などを含めて考えてみてください。

新しい気づきがあるかも知れませんよ。

 

 

コメント