前厄から始める厄払い!厄払いは前厄のスタートダッシュが決めて

前厄から始める厄払い!厄払いはスタートダッシュが決めて

毎年、このサイトで厄年の方を吊るし上げ…紹介して、厄年には注意してくださいと警告しています。

基本的に厄年には前厄・本厄・後厄の3つがありますので、厄年に入ると3年間はじっと耐えることになります。

 

3年間も悪い事が続くかも知れない厄年ですから、厄年は誰でも気になるところです。

それでは、私の経験と厄年の対応方法などを順番に紹介したいと思います。

みなさんも厄年には重々気を付けてくださいね。

 

 

厄年は数え年で!

もう絶対に間違えちゃいけないのが、厄年は数え年で確認するという事です。

ここで失敗すると、ズレてズレてもう無茶苦茶…

 

ですから厄年が近づいてきたら、数え年を意識してください。

数え年が解らない方は、こちらの記事でチェックしましょう。

数え年の数え方 - 数え年を間違っていませんか?
『数え年』はよく使う年齢の数え方です。 神社やお寺などで生年月日を使う場合は、ほとんどが『数え年』で計算します。 それでは、数え年の計算方法をご説明しましょう。 数え年の計算方法 数え年 ...

 

 

厄年はいつ?

厄年は男性と女性とで年齢が違います。

また大きな厄年は人生で1回きり。

その他にも2回の厄年があるのですが、それはまぁそこそこといった感じでしょうか。

では、男女別に厄年が何歳なのかを見て行きましょう。

 

男性の厄年

1、(前厄)24歳  (本厄)25歳  (後厄)26歳

2、(前厄)41歳  (本厄)42歳  (後厄)43歳

3、(前厄)60歳  (本厄)61歳  (後厄)62歳

このうち、2番が一番大きな厄年(大厄)になります。

 

女性の厄年

1、(前厄)18歳  (本厄)19歳  (後厄)20歳

2、(前厄)32歳  (本厄)33歳  (後厄)34歳

3、(前厄)36歳  (本厄)37歳  (後厄)38歳

こちらも2番が大厄です。

 

大厄について

男性は42歳、女性は33歳が大厄といって一番大きな厄です。

この年齢になる方は特に注意してください。

では大厄以外の厄年はどうでもいいのか?というとそんな事はありません。

大厄でなくても厄年には変わりありません。

キチンとした対策をして、後々後悔しないように頑張りましょう。

 

 

厄年の対処方法

それでは前厄、本厄、後厄の対処方法を説明していきましょう。

もちろん怖いのは本厄ですが、前厄や後厄の対応を疎かにすると被害甚大という事にもなりかねません。

ここはしっかりと対策を練って対応したいところです。

 

前厄はスタートダッシュを決める!

男性も女性も対応は同じで、まずは前厄の時に厄払いをおこなってください。

何事もそうですが、スタートダッシュが肝心です。

前厄に入ったお正月早々か、遅くても1月中には厄払いをしたいところです。

但し前厄なのであまり力の入った厄払いをする必要はありません。

厄払いの神社などで参拝する程度でも良いと思います。

 

次に、年が明けたら本厄になる1日前の12月31日。

この日には大祓があります。この神事には必ず参加してください。絶対に!絶対に!強制参加です。

忘れないでください。

 

ここが勝負!本厄をやり過ごせ‼

こちらも年が明けてすぐに厄払いの祈祷をしてもらってください。

本厄ですから祈願ぐらいでは心許ないので、私はご祈祷をオススメします。

転ばぬ先の杖という感じですね。

また新しい事はすべてにおいて慎みましょう。

ここをグッと耐えてこそ、道が開けるというものです。

 

できるのであれば、6月の大祓の神事には参加しましょう。

残り半年で最大のピンチから脱出できます。

あと少し、頑張れ!

 

ここが分かれ道、後厄!

ラスト1年。

ここまでくれば勝ったも同然ですが、まだまだ羽目を外すことは出来ません。

後厄になると自分が厄だった事を忘れてしまいがちですが、ここでも年明け早々に厄払いをしておいてください。

 

また、前厄と本厄の時にあまり被害が無かった人は、ここから怒涛の攻撃が始まる事もあります。

しかも後厄の6月以降に畳み掛けるかのように厄年は牙を剥いてくる事があります。

残り半年だと軽く考えずに、最後の最後までベストを尽くしてください。

私の場合、後厄でエライ目に合いました…

 

 

前厄から始める厄払い まとめ

厄年は終わってみれば他愛のない事で、時間が経てば苦しかった事も笑い話になります。

しかし渦中にいる人は前後が見えないぐらいに翻弄されてしまいます。

自暴自棄になったり、あきらめたりしないようにしてください。

明けない夜はありません。

 

厄年を悪い順に並べると1番悪いのが本厄、2番が前厄、後厄が一番軽いという事になります。

しかしこれもしっかりと厄除けなどをしておけばの話。

後々楽になるように、前厄をスタートダッシュでしっかりと対応しておいましょう。

 

ちなみに、海外に出れば厄年は無かった事にできます。

大技ですが、前厄の年のお正月に海外旅行に行ってみるのはいかがでしょうか?

気持ちの良いスタートダッシュが切れそうですね。

厄年を無かった事にする厄年対策【脱厄年のライフハック】
今、厄年にビンゴしている人はハラハラドキドキの1年となる事でしょう。 悪い事が起きると、すべて厄年の所為にしちゃうと思います。 逆に良い事があると、後で倍になって悪い事があるんじゃ無いかと疑心暗鬼になったりと… 厄年は人生...

 

コメント