前厄注意!前厄の対処法と厄払い神社の紹介

厄年

厄年は誰でも嫌なものです。

しかし、ここを通らずに人生を先に進める事はできません。

厄年のお話は何度かしているのですが、今回は特に【前厄】に絞って対処方法などを紹介したいと思います。

 

また若いからといって厄年が無い訳ではありません。

女性であれば10代でも厄年があります。

これから厄年に入る人は十分に注意してください。

それでは、前厄の対処法をどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

前厄とは

前厄とは、厄年の最初の一年目の事です。

男性なら「24歳」「41歳」「60歳」になります。

女性なら「18歳」「32歳」「36歳」です。

但し、この年齢は数え年になりますから、ご自分の年齢を数え年にして当てはめてみてください。

https://www.oharaido.com/kazoedoshi-kazoekata

 

実際、男性の24歳や女性18歳の時に自分で厄年に気付く事はほとんどありません。

余程の神経質な人でないと無理でしょう。

自分のお子さんや親類のお子さん、近所のお子さんがこの年齢であればそっと教えてあげて欲しいと思います。

 

 

前厄の考え方

厄年、特に前厄にはいろいろな考え方があり、前厄はあまり気にしないで良いという人もいらっしゃいます。

また「大きな厄災がくる前の年」という捉え方や本厄と同じようにきっちりと対処すべし!と言われる人もいます。

正解など無いのですが、私が今まで見てきた感じとしましては、前厄でしっかりと厄対策している人はその後の厄年が比較的緩かったように思います。

逆に前厄で何も対策しなった人は、本厄や後厄でひどい目に遭っているような気がします。

いたずらに怖がることはありませんが、しっかり前厄で対策しておく事をお勧めします。

 

 

前厄にはどんな事が起こる?

前厄だけでなく厄年全般に言えることですが、自分自身ではどうにもできない事が頻繁に起こります。

その中でも特に家族の問題、次にお金の問題、そして健康面の問題です。

自分一人が頑張っても解決しない事が、次から次へ起こってくるとヘトヘトになってしまいますね。

こういった問題のピークは本厄にドッと噴き出す事が多いのですが、『前厄』では勃発するであろう問題が見え隠れする時期のようです。

前厄の時には自分の周囲に気を配って、問題のタネを見つけておくと良いのかも知れませんね。

 

 

前厄の対処方法

さて、この厄介な厄年ですが、前厄で上手く対処しておくと意外と本厄・後厄がスムーズに過ぎ去ってくれるようです。

それではとっておきの前厄の対処法をご紹介しましょう。

 

1月中に厄払いに行く

年が変わったらすぐにお参りに行きましょう。

そりゃ初詣で厄払いの神社やお寺に行くのがベストですが、初詣は家族や恋人と雰囲気の良い神社やお寺に行くかも知れません。

また代々ご縁のある寺社に行く人もいらっしゃるでしょう。

ですから初詣とは別に、厄払いの神社やお寺に行ってみてください。もちろん、1月中にですよ。

 

またご祈祷などは本厄の時で良いと思いますが、何事も完璧を求めるのであれば前厄であっても厄払いのご祈祷をしっかりと受けてきてください。

厄年中の3年間、毎年厄払いのご祈祷を受けてもそんなに高額にはならないはずですから。

https://www.oharaido.com/oharai-ryokin

 

厄払いをしたら気にしない事

厄年の間は何かと不安で、すごく厄の事を気にしちゃうと思います。

何か悪い事があれば「厄年だからかなぁ…」と何でも厄年に結び付けて考えてしまいがちです。

でもそれはダメ!

 

厄払いをしたら大船に乗った気持ちで、厄年の事はスパッと忘れるくらい気持を切り替えてください。

「もう、大丈夫!」これが一番です。

でもこれは厄払いをした人限定のお話ですよ。

 

対厄年の必殺技

実は厄年対策には、必殺技があります。

これが厄年対策の本丸と言っても過言ではない方法なので、是非ご紹介しましょう。

それは「元三大師」の角大師護符です。

このお札を前厄の年から3年間、玄関に貼ってください。

もちろん、毎年新しいお札をもらってくださいね。

そうすれば多少の厄なんてへっちゃら!になるはずです。

そして出来れば「元三大師」が祀られているお寺で厄払いしてもらう事もオススメします。

 

角大師のお札はこんな感じのものです。

角大師

こういった鬼の絵を一度くらいは見た事がありませんか?

これ元三大使が鬼の姿になって疫病を追い払った時の姿だそうです。

厄払いに効果があると言われています。

是非、やってみてください。

 

 

有名な厄除け神社仏閣

少しですが、全国の有名な厄除け神社とお寺をご紹介しておきます。

近くだったら行ってみてください。

・厄除元三大師(東京都)

・目黒不動尊(東京都)

・観福寺大師堂(千葉県)

・寒川神社(神奈川県)

・佐野厄除け大師(栃木県)

・足利厄除け大師(栃木県)

・青柳大師(群馬県)

・川越大師(埼玉県)

・国府宮神社(愛知県)

・八坂神社(京都府)

・石清水八幡宮(京都府)

・清荒神(兵庫県)

・門徒厄神(兵庫県)

・信貴山毘沙門天(奈良県)

・薬王寺(徳島県)

・弥谷寺(香川県)

・厄八幡(福岡県)

・鹿児島神宮(鹿児島県)

 

 

厄年注意!前厄の対処法 まとめ

ここまで読めば、前厄の対策はバッチリでは無いでしょうか!

厄年の間はホントにいろんな事が起きると思いますが、頑張って乗り切ってください。

 

私の知り合いで厄年の真っ只中に会社をクビになった人がいます。

その時に一緒に飲みに行ったんですが、エクトプラズムが大量に出てるような大きな溜息を付かれていました。

後厄が終わりかけのあたりに再就職が決まって、すぐその後に独立して今では優雅な暮らしをしているようです。

今では笑い話になってしまいました。

 

悪い時があれば、良い時もあります。

悪い時は上手く乗り切って、次の良い時に向かって頑張って行きましょう!

 

厄年
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お祓い堂をフォローする
お祓い堂

コメント